BLOG

OLD MARUNI オールドマルニの珍しい成型合板椅子

2018.02.07 Category :

骨董品出張買取 OLD MARUNI オールドマルニの椅子
神戸市中央区で買取させていただきました。
久しぶりに古いマルニ木工(通称オールドマルニ)の椅子を見つけました。

マルニ木工と言えば昭和初期に創業した日本有数の家具メーカー。
http://www.maruni.com/
老舗家具メーカーであると同時にnextmaruni projectでは妹島和世+西沢立衛 / SANAAや深澤直人が設計した家具を高い木工加工技術で製造しています。

一時期、HIROSHIMAのアームチェアが欲しくてショールームまで見に行ったのが懐かしい。
http://www.maruni.com/shop/g2956-31/
そんなマルニ木工の1950年代の成型合板椅子。

製造年代はマークで判別できます。5脚中の1脚だけステッカーが残っていました!
骨董品出張買取 OLD MARUNI オールドマルニの孔雀マーク
孔雀マークは1952年(昭和27年)から採用されたようです。

いつ頃からがオールドマルニと呼ぶべき物かはっきりしませんが、私は60年代までと認識しています。
http://www.maruni.com/jp/company/ci
骨董品出張買取 OLD MARUNI オールドマルニの椅子2骨董品出張買取 OLD MARUNI オールドマルニの椅子3骨董品出張買取 OLD MARUNI オールドマルニの椅子4
成型合板のオールドマル二は初めてで、最初は天童木工の椅子かと思いました。材質は森の女王ブナです。
骨董品出張買取 OLD MARUNI オールドマルニの椅子 背面
安心感のある背もたれで座り心地もすごくいい。
しかし、、、状態が、、、この椅子は神戸の異人館近くのお家の床下に長期間眠っていたため、残念ながらコンディションがあまりよくありません。

写真のものが一番良品。
神戸の地形を利用した地下室のような場所です。長期間、湿気を吸ったためビスは錆び、合板の剥がれも見受けられます。

一般的な木製椅子ならば修善が可能ですが成型合板だと修理がかなり難しくなってしまいます。
何とかなるかな~っと思い買取させていただきましたが、今回は商品にはならないかもしれません。

それでも最近では見かけることのない資料的価値のあるオールドマルニの一脚です。


丁寧な査定と明朗会計をお約束。骨董品・美術品・時代物の売却は高価買取の当店にお任せください。

ORIGENでは骨董品を中心に美術品から時代物まで幅広いお品ものを取り扱いしております。
どんなお品ものでも拝見いたします。

お品ものの買取や売却に関してのご相談はお電話またはメールフォーム・LINEよりご相談ください。
よろしくお願いいたします。

買取のご依頼・商品のお問い合わせは06-7509-5761までお気軽にお電話ください。
お手軽なLINEでのお問い合わせはこちらから簡単にトーク画面にアクセスできます。
メールフォームからのお問い合わせはこちらからお気軽にご相談ください。


出張買取エリア:大阪・奈良・兵庫・京都・滋賀・和歌山を中心に全国に対応いたします。

弊社では近畿・中部・中国地方をはじめ、ご相談に応じて全国に出張いたします。

大阪・奈良・兵庫・京都・滋賀・和歌山は最短で当日にお伺いが可能です。

お所に関わらず、お気軽にご相談ください。



He is the one. 河井寛次郎 菱花辰砂扁壷

2018.02.02 Category :

骨董品出張買取 河井寛次郎 菱花辰砂扁壷
私は木の中にいる石の中にいる 鉄や真鍮の中にもいる
人の中にもいる
一度も見た事のない私が沢山いる
始終こんな私は出してくれとせがむ

私はそれを掘り出したい 出してやりたい
私は今自分で作ろうが人が作ろうがそんな事はどうでもよい
新しかろうが古かろうが西で出来たものでも東で出来たものでも
そんな事はどうでもよい

すきなものの中には必ず私はいる
私は習慣から身をねじる 未だ見ぬ私が見たいから
私は私を形でしゃべる 土でしゃべる 火でしゃべる
木や石や鉄などでもしゃべる

形はじっとしている唄 飛んでいながらじっとしている鳥
そういう私をしゃべりたい

こんなおしゃべりがあなたに通ずるならば
それはそのままあなたのものだ
その時私はあなたに私の席をゆずる
あなたの中の私 私の中のあなた

私はどんなものの中にもいる
立ち止ってその声をきく
こんなものの中にもいたのか
あんなものの中にもいたのか
あなたは私のしたい事をしてくれた
あなたはあなたでありながら それでそのまま私であった

あなたのこさえたものを
私がしたと言ったならあなたは怒るかも知れぬ
でも私のしたい事をあなたではたされたのだから仕方がない

あなたは一体誰ですか
そういう私も誰でしょう

道ですれちがったあなたと私
あれはあれで あれ
これはこれで これ
言葉なんかはしぼりかす

あれは何ですか あれはあれです あなたのあれです
あれはこうだと言ったなら
それは私のものであなたのものではなくなる

過去が咲いている今
未来の蕾で一杯な今
河井寛次郎『手考足思』
骨董品出張買取 河井寛次郎 菱花辰砂扁壷2
これまでいくつか手にしてきた河井寛次郎の扁壷の中でも手放したくないひと品。

形は珍しいものではないですが、寛次郎の愛した辰砂の釉薬が今にも垂れそうな程に瑞々しく深く美しい。

硫化水銀からなる鉱物・辰砂は別名:賢者の石と呼ばれるそうです。

詩『手考足思』から見て取れる河井寛次郎の達観した思考を象徴する釉薬
河井寛次郎 菱花辰砂扁壷に生けたケイトウ
ケイトウの花を見つけたので生けてみようと試みましたが、、、、、
河井寛次郎 菱花辰砂扁壷とケイトウ
これは恥ずかしい。。。
河井寛次郎 菱花辰砂扁壷 花と
もうちょっとぐいっと迫りたい。
となんだかんだでありまして上の写真で落ち着きました。

過剰に珍重し、ガラスの向こうに置くのではなく、いつでも触れられる手元に置いて楽しみたいひと品です。
とは言うものの触るたびに恐る恐る。割らないように大切に扱います。
河井寛次郎 菱花辰砂扁壷 箱書き
河井寛次郎作
菱花辰砂扁壷
ケイトウ購入店
ケイトウ購入店
abcde studio
http://www.abcdestudio.net/


丁寧な査定と明朗会計をお約束。骨董品・美術品・時代物の売却は高価買取の当店にお任せください。

ORIGENでは骨董品を中心に美術品から時代物まで幅広いお品ものを取り扱いしております。
どんなお品ものでも拝見いたします。

お品ものの買取や売却に関してのご相談はお電話またはメールフォーム・LINEよりご相談ください。
よろしくお願いいたします。

買取のご依頼・商品のお問い合わせは06-7509-5761までお気軽にお電話ください。
お手軽なLINEでのお問い合わせはこちらから簡単にトーク画面にアクセスできます。
メールフォームからのお問い合わせはこちらからお気軽にご相談ください。


出張買取エリア:大阪・奈良・兵庫・京都・滋賀・和歌山を中心に全国に対応いたします。

弊社では近畿・中部・中国地方をはじめ、ご相談に応じて全国に出張いたします。

大阪・奈良・兵庫・京都・滋賀・和歌山は最短で当日にお伺いが可能です。

お所に関わらず、お気軽にご相談ください。



一葉の写真の角に

2018.01.31 Category :

骨董品出張買取 古写真 車
買取した古家具の中から出てきた一葉の写真。
下駄を履いた少年がレトロなバイクの前で記念撮影をしているノスタルジックな風景。お父さんにじっとするように言われたのでしょうか、ズレたサングラス、つり上がった眉毛、不自然な角度でバイクのサスペンションをつかむ手。足元の水の跡はバイク洗車のためのものか。おそらく1950年代後半~60年代初期かと思われます。
骨董品出張買取 古写真 バイク
バイクは、あのラビットスクーターかな?と思い、調べたもののどうやら違うようです。ホイールが違う。ラビットスクーターは鉄っちんホイールで写真のバイクはスポークホイール。もしかすると、1950年代の男のKAWASAKIかもしれません。
骨董品出張買取 古写真 アップ
これは1959年式・日産のオースチンA50型と思われます。
フロント・リヤで高さの違うフェンダーが特徴的。グリルの形とボンネットダクトも一致します。
https://nissan-heritage-collection.com/DETAIL/index.php?id=21
骨董品出張買取 古写真 オート三輪
オート三輪も二台写っています。
今となってはフレームの中に沢山の見所が詰まったいい写真です。
そして僕にとって一番ぐっときたのは写真の角に写り込んだ四文字。
骨董品出張買取 看板 古写真





偶然なのか、意図的なのかはわかりませんが、僕にとっては神フレーミング。
この電柱広告が写っていたからといって特に何もありませんが。。。この←の先でどんな古物売買がされていたのか。とても気になります。昔の古物商の営みを少し窺い知れた気になれるいい写真です。