ぐいっと、あがり上々

2020.03.18 Category :

大阪府堺市のお客様より備前焼のぐい呑をお譲りいただきました。

ご依頼者様のお父様が備前焼の魅力に惹かれ蒐集されたもの。

同じ備前焼でも形や景色など実に多彩な表情です。

どれも備前の里である岡山県出身の陶芸家の作品です。今回はこの中から親子で「備前焼」の人間国宝となった藤原啓と藤原雄の作品をご紹介いたします。

向かって左側が父(藤原啓)のもので右側が子(藤原雄)の作品です。

どちらも備前焼の魅力の詰まったぐい呑。

藤原啓の作品の景色となっている筋は緋襷(ひだすき)と呼ばれる備前焼独特の模様です。

窯の中で陶器がくっつかないようにするために巻かれた藁によってできる模様です。赤色の筋が代表的ですが、素材や窯の温度など諸条件のより様々な発色で現れます。本作の緋襷は銀色に輝いており、洗練された上品な印象を与えます。残念な事に口元に小さなホツ有。銀継ぎで直しても良いかもしれません。

対して、藤原雄の作品は丸い抜けが愛嬌ある一点。牡丹餅と呼ばれる模様です。内側にも綺麗な丸い抜けがあり、ついつい覗き込んでしまいたくなります。桟切の色味の変化も豊かです。また口元の造形にも遊びがあり良いですね。

そして今回お譲りいただいたものの中で一番、気に入ったものが藤原啓の灰釉酒杯。

備前焼といえば釉薬をかけずに焼き締められた陶器ですが、こちらは藁灰釉が掛けられています。瑞々しい透明釉の中に緑色や乳白色の斑ら模様が現れています。

同じ作品を見たことがなかったので興味深く拝見し査定させていただきました。箱書には「啓作 灰釉酒杯 雄鑑(+落款)」とあり、作品にはしっかり啓本人の陶印がありますので本人作に間違いありません。箱の無い状態でも査定できますが、箱が決め手になることもあるので処分せずに残しておくのをお勧めします。

以上、簡単ではありますが先日、買取りさせていただきました備前焼のご紹介でした。他の作品もご紹介したかったのですが、また別の機会にさせていただきます。

ぐい呑はお酒の味を楽しみながら、時間をかけてやきものの表情の変化を楽しめる一品です。お譲りしていただいたお品物を大切にしていただける方のもとに届けたいと思います。

この度は貴重なお品ものをお譲りいただきありがとうございました。この場をお借りしてお礼申し上げます。

古美術品などの骨董品を中心に時代家具や建具まで幅広く取り扱っております。
丁寧な査定をお約束。古いものの売却はORIGENにお任せください。
お品ものの買取や売却に関してのご相談はお電話またはメールフォームよりご相談ください。
よろしくお願いいたします。

TOP写真上から
藤原啓(ふじわらけい)1899年2月28日-1983年11月12日 ※左上段、左下段
岡山県出身の陶芸家。1970年に「備前焼」重要無形文化財(人間国宝)に認定。

小西陶蔵(こにしとうぞう)1947年-
岡山県出身の陶芸家。1988年金重陶陽賞を受賞。
2013年第1回備前市指定無形文化財認定者。

山本陶秀(やまもととうしゅう)1906年4月24日-1994年4月22日
岡山県出身の陶芸家。楠部彌弌に師事。1970年に「備前焼」重要無形文化財(人間国宝)に認定。

藤原雄(ふじわらゆう)1932年6月10日-2001年10月29日
岡山県出身の陶芸家。人間国宝藤原啓の長男。父に続き1996年に「備前焼」重要無形文化財(人間国宝)に認定。人間国宝に認定。

森陶岳(もりとうがく)1937年3月23日-
岡山県出身の陶芸家。岡山県指定重要無形文化財保持者。



出張査定 in 阿倍野区

2020.01.19 Category :


「両親の集めた骨董品・美術品の整理をしたい」
大阪市阿倍野区にお住まいのお客様よりご連絡をいただき査定にお伺いいたしました。
一部屋に集められた作品の数およそ100点!長らくご自宅の物置に仕舞われていたそうです。

蒐集品の大部分は絵画類。絵画類は数が多く、まずは印刷・リトグラフなどの種類と作家ごとに仕分けをすることから始めました。
いただきものや画廊で購入したものなどが混在していましたが、未開封のものも多くありました。お仕事が忙しくなかなか楽しむ時間が少なかったのかもしれませんが、これだけ沢山蒐集するには並々ならぬ情熱が必要です。

仕分けした著名作家の作品。左から
ベルナール・ビュフェ: 『道化役者』工芸印刷
芹沢圭介:『いろはにほへと』染色布
中原淳一:『娘』木版画
複製品ではありますが、根強い人気のある作家の作品です。

こちらは備前焼の人間国宝である藤原雄の備前酒杯。
この他、人間国宝である六代加藤卓男や李朝白磁・高麗青磁などの陶磁器類も取り扱いさせていただきました。

大正の歌麿こと人気画家竹下夢二の代表作『黒船屋』
こちらの『黒船屋』は人気のある作品なので沢山複製品がありますが、その中でも質の高いプリントのものです。
この他、棟方志功の版画や須田剋太のペインティング、山下清のリトグラフなどの作品を拝見させていただきました。
思い出のあるものや気に入っている絵画は仕分けした中から選んでいただき、その他のものを取り扱いさせていただきました。

以上、簡単ではありますが先日取り扱いさせていただいた絵画・陶磁器のご紹介でした。
この度は弊社にご相談いただきありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。

蒐集品や蔵の蔵品のことでお困りの方がいらっしゃいましたらお気軽にご相談ください。

古美術品などの骨董品を中心に絵画などの美術品まで幅広く取り扱っております。
丁寧な査定をお約束。古いもの・美術品の売却はORIGENにお任せください。
よろしくお願いいたします。