空家のお悩みご相談ください

2020.04.28 Category :

新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化し、非常事態宣言が発出されて20日以上が経過しました。長期化するにつれ、精神的な疲れが日増しに大きくなっています。

私の場合はスタッフはリモートワークなので誰もいない会社と倉庫で品物の整理やメンテナンスをして日々を過ごしております。

未だ収束の見えない状況下であり、先行きの見えない状況はとても不安ですが、なんとか踏ん張ってこの困難を乗り越えねばなりません。

微力ではありますが、お役に立てることがございましたら遠慮なくご相談ください。

本日は空家のご相談に関して。

外出自粛中にご自宅や空家のお片付けを進められる方も多いのではないでしょうか。

通常であれば3月から4月にかけての時期はお引越しに伴う家財整理などが多く、出張査定や空家の家財整理に関するご相談が一年の中で最も多い時期です。

新しい生活や環境へのスタート時期にまさかこのような事態になるとは想像もしておりませんでした。

今は外出や人との接触を避けるのが大事な時です。依頼がないのはつらいですが、緊急事態宣言の解除後、そしてコロナウイルスの収束後に迅速に対応できるよう体調管理を含め、しっかりと準備しておきたいと思います。

ORIGENでは空家にある古いお品ものの買取り査定はもちろんのこと、家財道具のお片付けのご相談も承っております。

関西では2年前の2018年には大きな自然災害が相次ぎ、そして今年は新型コロナ。。

2018年の大阪府北部地震・台風第21号の被害は甚大でした。未だに爪痕が残されているお家も沢山あります。古い建物が好きでこの仕事を始めた者としては一瞬にして貴重な建物や風景が失われるのには胸が痛みます。

老朽化による取壊しやリフォーム時のご依頼では「少しでもどこかで再利用できるものがあれば」と建具や古い照明器具、貴重な古材のなどの買取りに関するご相談を多くいただいております。

古い建物の取壊しを予定されている方がおられましたら一度ご相談ください。まだまだ活かせるものがあるかもしれません。

こちらは以前に訪問したことのある木々に覆われた蔵をジオラマで再現してみました。

昨年は数件の蔵整理のお手伝いをさせていただきましたが、中には半世紀以上の間、閉ざされたままとなっていた蔵もありました。

長年、大切なものを守ってきた重厚な蔵戸は開けるだけでも一苦労。

分厚い土と漆喰で仕上げられた蔵は耐火性・耐久性が高く、きちっとメンテナンスをすれば百年以上も持つと言われています。ですが、その工法や職人の減少ゆえに補修や修繕といった維持管理が難しくなっているのが現状のようです。

こちらは幹線道路に残る古い町屋を再現してみました。

時代の流れで周囲の建物が建て替えられていくなか、昔の姿のまま残っている町屋を時々見かけます。当時の街並みを想像することができる貴重な存在。

査定の移動中や散歩中にこういった建物を見つけるとついつい想像が膨らみ見入ってしまいます。

歴史ある建物や蔵の中には時代や用途のわからないものが沢山保管されていることがあります。

ORIGENでは一点一点、細かく拝見し価値あるものを見落とさないよう丁寧な査定を心掛けております。古い建物の建て替えや蔵整理をお考えの方はお気軽にご相談ください。

今回は鉄道模型でこれまで実際にお伺いした古いお家や街並みを再現してみました。ファインダーを覗きながら何度も細かな調整をし、過去に見た景色を再現してみました。

いつの日かジオラマではなく、本物の歴史ある建物の修復や保存に関わってみたいと思っています。

出張査定の約半数が空家の売却や取壊し前のご依頼という事もあり、これまで多数の古いお家にお伺いしてきました。

これまでの経験を活かしてお役に立てるよう努めて参りますので空家のことでお悩みがある方がおられましたらお気軽にご相談ください。

古美術品などの骨董品を中心に古家具や時代建具まで幅広く取り扱っております。
丁寧な査定をお約束。古いものの売却はORIGENにお任せください。
お品ものの買取や売却に関してのご相談はお電話またはメールフォームよりご相談ください。
よろしくお願いいたします。



新型コロナウイルス感染症拡大による営業変更に関する重要なお知らせ

2020.04.24 Category :

はじめに、新型コロナウイルスに感染された方におきましては一日も早く快方に向かわれることをお祈りし、心よりお見舞い申し上げます。

新型コロナウイルスの感染拡大の勢いは衰えるどころか、日増しに脅威が増大し予断を許さない状況です。

弊社は4月7日より店舗営業の休止と全スタッフのリモートワークへの切り換えを行っております。今のところ、私自身とスタッフ。また家族を含め感染が疑われるものはおりません。今後も慎重に状況を見極め、最大限の感染拡大防止策を講じて参ります。

4月19日まで店舗営業を休止しておりましたが当面の間、休止を継続させていただきます。また5月6日までの間は出張査定も休止させていただきます。お客様にはご不便とご迷惑をお掛けいたしますが何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

お電話・メールでのお問い合わせは通常通り受け付けております。概算にはなりますが写真査定も可能です。【お問合せ・Q&A】のフォームに写真を添付していただくかinfo@osaka-origen.comまでお送りください。

緊急事態宣言解除後の営業に関する情報は随時ブログで発信いたします。

お客様にはご迷惑をお掛けいたしますが何卒ご理解いただきますようよろしくお願い申し上げます。



忘れられた時間、買い受けます。

2018.09.29 Category :


今週は何故だかわかりませんが、古いお家への出張買取が重なりました。
詳しい理由はわかりませんが、どのお家もある日突然、主がいなくなり、時が止まったまま忘れられたかのような佇まいでした。今回は大阪市内の戦前の建物の中で見つけたものをご紹介します。査定の対象になるものもあれば、値段の付け難い変わったものまで色々あります。
古い引出しに眠っていた錆びた小さな金属製のもの

折り畳み式の顕微鏡でした。ずっと閉じられていたにも関わらずバネは快調です。親指ほどの小さなものですが堅牢に作られています。
4cmほどの金属筒

極小望遠鏡でした。試しに覗きましたがそもそもの口径が小さすぎるので肉眼で見た方がいいのではないのか!?当時の子供向けの玩具でしょう。

戦闘機・爆撃機が描かれた紙製品

戦時の灯火管制発令の際に使われた遮光電笠です。物々しい図案ですが、笠の立体的なデザインと巧みなグラフィックが光っています。
こちらも戦争機が描かれた封筒

一見ポップで可愛らしい雰囲気ですが、裏面には「前線へ贈る銃後の筆の跡」の文字が。
外国人の男の子とポチ

背面にはMADE IN OCCUPIED JAPANの文字。
占領下の日本の意味です。1947年~1952年の輸出品には記載が義務付けられました。
子供向けの玩具にしては男の子の顔が怖い。犬は可愛らしい。主にアメリカへの輸出用として作られたものです。戦後日本のアメリカ人へのイメージが反映されたのでしょうか。
これは?

ミッキーマ○ス風のセルロイド製の栞。オリジナルに比べ異常に足が長いのは栞のサイズに合わせたためでしょうか。裏には高野山と描かれています笑
1930年前後に登場したキャラクターのマチ針
ミッキーマウス 1928年 昭和3年生まれ
ベティ・ブープ 1930年 昭和5年生まれ
のらくろ 1931年 昭和6年生まれ
零戦型の小さなプラスチック製の玩具
如何だったでしょうか。ご紹介したものはごく一部ですが、まるで時間が止まったかのようにお家の中に残されていました。今回は不動産業者様からのご依頼だったので詳しい経緯はわかりません。ですがお家に残されたものを見ていると戦争が大きく関係しているのかもしれません。似た案件が重なったのは偶然なのか、必然なのかは今のところわかりません。いずれにせよ古い家屋の老朽化による取り壊しや空家問題など、似たケースのご依頼がこれから増えてくような気配を感じます。古いお品ものの査定はもちろんのこと、お困りの空家の整理などに関してもお気軽にご相談ください。よろしくお願いいたします。