本日の出張買取 in 西成区

2018.11.08 Category :


大阪市西成区のお客様よりご依頼いただきました。
3年間空家にされていた古いお家。台風の影響による瓦や建具の損傷が至る所に見受けられ、家財整理が済んだら解体されるとのことでした。大正期に建てられた貴重な日本家屋でしたが維持管理にかかる費用を考えると致し方無かったようです。最近そういった老朽化や台風被害による案件が増えています。いつか古いお家を再活用するような事業にも取り組めたらと考えており、その為に必要な準備を始めていこうと思っています。
さて一部ではありますが、今回お譲りいただいたお品ものをご紹介いたします。

先代が商いに使っておられた帳場箪笥と小箪笥。小ぶりで手の良い唐木家具。小ぶりなものの方が流通が良く人気があります。

お客様が必要な着物を選ばれた後の残りもの。ですが、私としてはこちらの方がありがたい。藍染や絣の木綿布など。

使い込まれた鉋に鑿。錆びていたり、刃こぼれしていたりと状態は悪いですが磨けば光ります。また名工と呼ばれる鍛治職人の作ものは美術品として扱われるものもあります。

長い間、明かりをともしてきた照明の電笠。色ガラスが使われているものや本格的な切子が施されているものは希少価値があり高値で取引されるコレクション品です。(写真のものは時代が下り昭和期のもので希少価値はあまりありません)

11月にもかかわらず暑い日が続いています。私は今日も半袖で元気ですが、スタッフはもれなく風邪をこじらせております。2018年も残すところあと二ヶ月ほど、くれぐれもお体ご自愛くださいませ。年内は12/28までの営業となります。また改めて年末年始の営業案内を投稿いたします。よろしくお願いいたします。



ORIGENの記憶:身につける和の小物編

2018.11.05 Category :



手先の器用さと遊び心を感じる和の小物
硬く小さな素材の加工や針先ほどの金銀象嵌など細かな技によって造形されています。

セピア調の白黒写真は古い写真アルバムに挟まれていたものです。日本髪を結った女性の後姿。成人式か結婚式の時の記念撮影でしょうか。時代は大正期と思われます。

・左上:本鼈甲(べっこう)帯留、松竹梅
・左中:象牙帯留、梅
・左下:銀メッキ・真鍮帯留、鈴・菊
・右上:金銀象嵌時代帯留、鎧侍・甲冑武士
・右中:オパール帯留、古銭・和同開珎
・右下:赤珊瑚簪(かんざし)、牡丹

小さいものなので忘れられがちですが、赤珊瑚や翡翠、鼈甲、象牙などの希少な素材で作られているものが多い帯留や簪。和服を着る機会が減り、もしかすると箪笥にしまわれたままのお品物があるかもしれません。
また、他にも日本の細かな細工物を探しています。刀鍔・根付・煙管などの時代物がありましたらお気軽にお問い合わせください。よろしくお願いいたします。



it is the one

2018.01.13 Category :

写真のように24Kの後にGPやGFなどの記載がある製品は全てメッキ製品です。
金製品の買取依頼をいただき、拝見するとメッキ製品であることも時々あります。


こちらは本物↓本物の金製品であるにも関わらず処分してしまっては大変です。

本物には純度を示す1000や750といった数字と共にK24,K18,純金など必ず刻印があります。

最も一般的な18金はK18もしくは750と表記があります。

こちらはK14WG。14金なので18金より純度は低いですが、WG(ホワイトゴールド)はイエローゴールドより価値があります。

こちらも一般的なプラチナ。900,850などが一般的。白金ともいいます。古いものはPmと刻印があるものも。

地金としてであれば古いデザイン・石の取れてしまったアクセサリーでも査定が可能です。

人気の高い珊瑚。デザインにもよりますが製品として評価ができるものは地金以上の価値があります。写真のものはピンク色ですが血赤珊瑚(チアカサンゴ)は非常に高価なものです。

他にも色石製品も買取致します。
大切なものの売却は弁護士様、成年後見人様からの依頼もあるORIGENにお任せください。明朗会計をお約束いたします。