本日開店 室内装飾・家具・工藝品・照明器具など買取りいたします。

2019.06.21 Category :


先日、品物を整理している時にお皿の保護の為の新聞紙に良い広告を見つけました。昭和六年。今から88年前の新聞です。

元々は調度品の販売店の広告で昭和初期の洋館内部のイラストが描かれています。
特徴がよく捉えられていて、時々ご依頼のある洋館にそっくりです。古い洋館にある調度品は当時こういうお店で販売されていたのですね。

ORIGENでは古美術品などの骨董品を中心に様々なお品ものを査定・買取りしておりますが、古い建物に取付けられている建具や照明器具などの室内装飾品も積極的に取り扱っております。

この仕事を始めて、最初に伺ったのは実家の目の前にあった古い洋館でした。
アンティークショップのお手伝いを始めたばかりの頃で買取りなどは未経験。ある日、長年閉ざされていた古い建物の取壊しが始まり、勇気を出して業者さんに声を掛けたのを思い出します。
右も左もわかりませんでしたが、価値の有る無しではなく、自分がいいなと思えるものを直感的に選んでいたと思います。
最初は趣味の様なもので自分が良いと思うものだけが見えていましたが、知識や経験を得て、仕事としての比重が高まるとお品物の価値や効率の部分に意識が傾きがちになってしまいます。勿論、お品物の価値を判断できるようになるのは一番大事な事ですが、初めての時のように無価値に見えるものに眼を止められる心の余裕と丁寧な仕事を面倒と思わない心を忘れずに続けていきたいものです。頭ではわかっていても実践するのは案外難しいんですよね。

さてさて、話がかなり逸れてしまいましたが、古い建物の解体やリフォーム時など、古いものを処分される際には一度ご連絡ください。長い時を経たものを探しています。

希少な一点ものから価値のわからないお品ものまで丁寧な査定をお約束。
古いものの売却はORIGENにお任せください。よろしくお願いいたします。



本日の素材美 vol.2;杢と黄銅

2019.02.06 Category :


本日の素材美と題しまして実際にお客様からお譲りいただいたものを数回に分けてご紹介していきます。TOPの写真はそれぞれのクローズアップ写真。vol.2は左下の特徴的な杢目と、中央の変色した金属素材の二点をご紹介いたします。

花梨の瘤材で作られた花台。花梨の瘤独特な杢目は美しく昔から珍重されてきましたが、近年は原木の減少により質の良いものが少なくなっています。写真のものは直径50cmと花台としては比較的大きなもので反りもなく状態の良いものです。また濃い部分と薄い部分が含まれているものは紅白と呼ばれる希少部位です。

花梨の杢目には瘤杢(こぶもく)・鳥眼杢(ちょうがんもく)・葡萄杢(ぶどうもく)といった種類がありますが、どの要素も含んでいる様に見え、木材のプロでないと判断はなかなか難しいです。

花台は脚が命。良い材でも脚が駄目だと無骨に見えます。これは、花梨材のシンプルな脚でバランスがとれています。

続いては大正時代に建てられた洋館から取外しさせていただいた黄銅角引手本締錠。元は金色でピカピカだった黄銅も手垢と風化で渋い色味に変化しています。洋館に取付けられていましたが引戸を開けると大きな部屋になり、洋館の中に日本家屋的な構造がある建物でした。解体前にご依頼いただき金物や建具・照明器具などを取り外しさせていただきました。

この味が出るまで大正時代から約100年経過していると思うと感慨深い。またどこかで使われる時が来るのを待っています。

細部の装飾が全体を引き締め立体感を出しています。取り付けている状態ではあまり気がつかない部分ですが接写してみると工夫に気付かされます。直線とパターンの繰り返しによる工業的なデザインはアール・デコ特有のもの。建築に相応しい金物が選ばれています。
今回は花梨の花台と大正期の金物のご紹介でした。次回も写真の中からいくつかご紹介しようと思います。弊社では長い年月を経たものを探しております。骨董・古美術品などの時代もの。古い建具類など幅広く取扱いしております。お気軽にご相談ください。よろしくお願いいたします。



古いアクセサリー買い受けます。

2018.12.28 Category :


デザインが古くなったものやサイズの合わなくなった指輪など。古いアクセサリー買い受けます。
「デザインが古いから」「傷や汚れがあるから」と捨てられてしまう事がありますが、古いものでも製品としての価値があるものもございます。また、製品としての価値がない場合でも地金価値で買い受けます。

希少価値のない色石の評価は難しいですが、ダイヤモンドは4C(カラット・クラリティ・カラー・カット)に基づいて評価いたします。血赤珊瑚・翡翠は直径・色など品質を考慮して査定いたします。(写真の珊瑚は血赤ではなく、一般的な赤珊瑚です)
色石の価値は無いけれど、レトロなアクセサリー。古着屋さんや雑貨屋さんに並んでいたら可愛い一点ものです。
需要が高まれば製品として買取り出来る時代が来るかもしれません。

ネクタイピンやカフス、ちぎれてしまったアクセサリーでも大丈夫です。
貴金属製品の査定時にはお客様の目の前で秤を使って計量いたしますのでご安心ください。
よろしくお願いいたします。