切符手形買取の御案内

2019.02.15 Category :


昔に収集した記念切手や郵便切手などなど。見る機会が減り、閉まったままの切手はございませんか?
シート切手にバラ切手、ボストークに収録した希少な切手など幅広く拝見いたします。
今回は喜多川歌麿と東洲斎写楽の浮世絵で切手買取の流れをご説明いたします。

ORIGENの切符手形買取の引き札を手に取った元禄美人。どうやら切手の査定方法を思案中。
査定方法は店頭買取・出張買取・宅配買取からお選びいただけます。
いずれの方法でも先ずはお問合せフォームもしくはお電話にてお客様のご希望をお聞かせください。その際に切手の量や種類などわかる範囲でお知らせくださいませ。

実際には煙管を吹かしての接客はいたしませんのでご安心ください(笑)
切手帳の中に紛れた希少切手・付加価値のあるものは番頭がきちんと査定いたします。
付加価値のない通信用切手は額面価値を計算し、以下の%で買取いたします。
~15万円70%
~30万円72%
~45万円73%
50万円~75%
※2019年2月現在の%となります。※小額面バラ切手中心の場合は応相談となります。

もしかすると意外な切手に思わぬ価値が、、、、、、、、、、、
捨ててしまうのはもったいない、、、多少に関わらずお見せください。

こんなドヤ顔にはなりませんのでご安心くださいね(笑)
査定内容を確認していただき、ご納得いただけましたらその場でお支払いいたします。
「見せてよかった」と思っていただけるよう精一杯頑張ります!

切手以外にも金貨・銀貨・古銭・記念硬貨・テレホンカードなども買取しておりますので、お持ちでしたら合わせてご相談ください。よろしくお願いいたします。

画像1枚目左・喜多川歌麿作:おちやつぴ
画像1枚目右・喜多川歌麿作:江戸六玉顔 弓
画像2枚目左:東洲斎写楽:四世松本幸四郎の山谷の肴屋五郎兵衛
画像2枚目右:東洲斎写楽:三世坂東彦三郎の鷺坂左内
画像3枚目左・喜多川歌麿作:おちやつぴ
画像3枚目右・喜多川歌麿作:傘さす男女
画像4枚目右:東洲斎写楽:市川鰕蔵の竹村定之進
画像4枚目左:東洲斎写楽:三世沢村宗十郎の名護屋山三