BLOG

ORIGEN店舗工事②

2016.12.03 Category :

店舗改装続き
倉庫内にあったコンクリートの基礎撤去作業です。塗装作業の傍ら、ハンマードリルでブロックを斫っていく作業です。
倉庫内の間取りを変えるため邪魔になる部分を除去していきます。
とにかく硬いので市販の道具で全撤去には1日仕事で大変です。
img_2004
大きなハンマーも使いながら叩き割っていきます。。。。
img_2006
夜になってようやくフラットになりました!
ここには新規で無垢材フローリングの床を新設します。まだまだ先は長い
img_2007
つづく



ORIGEN店舗工事①

2016.11.30 Category :

2015年に独立してから倉庫のみの無店舗出張買取専門での営業をしてきましたが、2017年より念願の店舗営業もすることになりました。
店舗には商品を陳列するのではありませんが、持込査定ご希望のお客様・古物の売買商談・お片付けのお打ち合わせなどができる場所として利用できる場所になればと思っております。
これまでは店舗がなく、わかりにくい事務所とシャッターが閉まった倉庫だけでしたのでお客様に「店舗はありますか?」と聞かれるたびに不安になっていましたが、店舗ができればお客様にも安心していただけるかと思います。
さてどんなお店になるのか。。場所は通天閣の近く、恵美須町。外国人の多い賑やかなところです。
dsc_3244
恵美須町の交差点からすぐですが、意外にも静か。自宅もすぐ近くですが、住む前のイメージよりずっといいところです。美味しいご飯屋さんも多いですし、買い物にも便利。
店舗は古いビルの1階部分。老朽化している部分もありますが、古いもの好きの私にはもってこいの建物です。大家さんの許可を得てあちこち修繕を試みております。
大家さんも今回の店舗工事に合わせて外壁の大規模修繕を敢行して戴きました!ありがとうございます!
独立前にアンティークショップに勤めておった時には家具の修繕や店舗改装などもちょこっとしておりましたのでちょっとはできます。ということで、今回はできる部分は自分で。難しい部分は先輩の大工さんに依頼して工事していきます。
大工工事に入る前の塗装は同業者の友人に手伝ってもらいながら進めました。(ほぼ友人が塗装)ありがとうございました!
img_1956
とっ散らかっております。
img_1965
複雑な鉄骨塗装は大変な労力。
img_1955
毎回ペンキでドロドロになって作業で大変。
つづく



博多町屋寄進高灯篭

2016.06.16 Category :

1年前に知った事実。
祖母の親(曽祖父)の家業は骨董商。しかも幕末・明治維新頃から昭和40年代頃曽祖父まで骨董店を営んでいた。
つい最近までこの事実は知らずに、ひょんな出会いからふるものの世界で商いすることに。
詳しい話を聞きため、福岡の祖母に会いに行くことに。
祖母に聞いた言い伝えによると。明治維新の頃は大変な骨董バブル。幕府が消滅したことにより、大名などの権威は失墜し、家を守るために大名道具などが大量に放出されはじめた時代。それまで大名などしか持ちえなかった品物が市場に流れ出し、街には骨董店が沢山あったそうな。そのなかでも「うちの骨董店は九州一」だったと語る祖母。にわかには信じがたい。
「天神にうちの名前の書いてある灯篭があるから見てきなさい」と祖母。そんなあほな。と言いつつ見に行く。IMG_0188あった!しかもなかなかご立派!
IMG_01957m以上ある高灯篭!!
IMG_0198なにやら色々なお店の屋号が書かれている。。。。
IMG_0200なかなか見つけられない。。。。
IMG_0203
あった!!!しかも正面!センター!逆文字で岩権・骨董舗と!!この灯篭は明治33年(1900年)116年前!!に博多に遊園地を作るために出資した福岡の豪商の名前が刻まれています!様々な業種の名が刻まれていますが、見たところ骨董店は岩権のみ!ご先祖様がんばらはったに違いない!!おばあちゃんの言っていたことは本当でした。。。ちょっと誇らしい!ご先祖様、僕も頑張ります!!