Good bye, EBISUCHŌ

2020.03.02 Category :


弊社のすぐ目の前にある阪堺電気軌道の恵美須町駅。

大阪唯一の路面電車。

少し前から、何やら工事をしているので気になっていたのですが、どうやら駅舎が移設されたようです。

目の前にも関わらず気がつきませんでした。

1911年(明治44年)開業なので109年もの歴史ある駅です。

新駅舎は南に100m程の場所(写真の左奥に少し写っています。)。

恵美須町駅は浜寺駅から一本で来れるので、時々、阪堺電車に乗って堺方面から査定に来ていただくことがあります。
感謝。

2018年の台風21号により破損した屋根。

台風21号からもう1年半。

あの日は出張査定帰りの高速道路上で突風の直撃を受け、人生最大の身の危険を感じたのを覚えています。

大阪では瓦やテントの飛んだ建物など、今でも台風21号による爪跡が沢山残っています。

駅プラットホームの西側は木組み。

蓬色のペンキの剥げ落ちた姿がなんともレトロです。

駅裏手の枯れた風合いの木製建具。普段は野良猫たちのたまり場です。

恐らく大阪市内では最も味のある駅なのではないでしょうか。

新しい駅舎に生まれ変わるのかと思いきや、跡地は他の目的で開発されるようです。

お世辞にも綺麗な駅とは呼べない大阪の一癖ある駅ですが、無くなると聞くと少し寂しい気持ちになります。

また一つ、恵美須町周辺の古い建物が無くなり、景色が変わりますが跡地の有効活用を期待します。

長い間、お疲れさまでした。(※恵美須町駅自体は無くなりません。)