Grand Seiko,OH #1

2020.02.27 Category :


先日、お客様よりお譲りしていただいた一本。

Grand Seiko HI-BEAT(Ref.6146-8050)
通称61GS

今から48年前の1972年製の時計です。

エッジが鋭くカットされた立体的なデザイン。

とても良い時計ですが、残念ながら不動。

細部までこだわって作られた時計をもう一度稼働させるべく、修理専門の時計店にオーバーホールを依頼しました。

風防はケースのカットデザインに合わせた3面カット加工の施されたクリスタルガラス製。

厚みのあるガラスと手間のかかる加工が当時の時計造りへの思いを感じさせます。

裏蓋を開けてみると、錆びついた無惨な姿のムーブメントが。

ムーブメントは国産腕時計初の10振動ハイビートCal.6146A。

経年の汚れも目立ちますが、ローター部分の青サビが深刻です。

優秀なムーブメントなので復活してくれるはず。

リューズはGSロゴがしっかり残っていて良好(オリジナルパーツ)。

劣化しやすい裏蓋のGSメダリオンも経年の割にはしっかり刻印が残っています(オリジナルパーツ)。

SEIKOの最上級ラインであるGrand Seikoは“実用時計の最高峰“というコンセプトのもとに造られています。

狂いの少ない正確な時刻精度。

実直でシンプルなデザインなので飽きがこず長く愛用できる一本。

オーバーホールの完了予定は3週間後。

無事に戻ってきたら改めてご紹介いたします。