一葉の写真の角に

2018.01.31 Category :


買取した古家具の中から出てきた一葉の写真。
下駄を履いた少年がレトロなバイクの前で記念撮影をしているノスタルジックな風景。お父さんにじっとするように言われたのでしょうか、ズレたサングラス、つり上がった眉毛、不自然な角度でバイクのサスペンションをつかむ手。足元の水の跡はバイク洗車のためのものか。おそらく1950年代後半~60年代初期かと思われます。

バイクは、あのラビットスクーターかな?と思い、調べたもののどうやら違うようです。ホイールが違う。ラビットスクーターは鉄っちんホイールで写真のバイクはスポークホイール。もしかすると、1950年代の男のKAWASAKIかもしれません。

これは1959年式・日産のオースチンA50型と思われます。
フロント・リヤで高さの違うフェンダーが特徴的。グリルの形とボンネットダクトも一致します。
https://nissan-heritage-collection.com/DETAIL/index.php?id=21

オート三輪も二台写っています。
今となってはフレームの中に沢山の見所が詰まったいい写真です。
そして僕にとって一番ぐっときたのは写真の角に写り込んだ四文字。






偶然なのか、意図的なのかはわかりませんが、僕にとっては神フレーミング。
この電柱広告が写っていたからといって特に何もありませんが。。。この←の先でどんな古物売買がされていたのか。とても気になります。昔の古物商の営みを少し窺い知れた気になれるいい写真です。



ORIGENは全国どこへでもお伺いします!

2018.01.24 Category :


ORIGENは大阪から全国どこへでも出張査定にお伺いいたします。
もちろん出張費はかかりません。
「交通費、場合によっては宿泊費などの経費がかかるにも関わらず何故?」
「経費分を見込んだ査定額しか出ないのでは?」
などなど色々と心配に感じられる方もいらっしゃるかもしれません。
今日はORIGENの出張費がかからない3つの理由を教えます。
①観光も兼ね、郷土作家の美術館などに行くことができる。
観光ついでと言っては失礼ですが、普段なかなか行くことの出来ない遠方の個人美術館やお寺などに行き、現物を見れる絶好の機会です。
急な出張依頼に備え、なかなか遠出の旅行を計画することが出来ないですが、仕事のご依頼ならば気持ちよく羽を伸ばせます。
②道中の骨董店・商店などでも仕入ができる。
一般的にはあまり知られていないかもしれませんが、仕入は個人のお客様だけではありません。同業者の方から品物を分けてもらったり、古い商店の在庫を分けてもらったりすることもよくあります。以前、出張先への道中で仕入をしているうちに到着前に車がいっぱいになってしまったこともあります。(郵送して事なきを得る)
関西ではあまり見かけないものや、地方の特産品など珍しいものを見つけられるいい機会でもあります。
③家族・友人に会いに行くことができる。
家族だけでも北海道・東京・福岡と満遍なく散っております。笑
また出張査定は地方にいる友人を訪ねるいい機会です。仕事と言いつつ、何かと口実をつくって遊びたいだけかもしれません。笑
でも仕事はきっちりいたしますのでご安心ください。
「遠方まできて価値がないものだったら申し訳ない」
と心配までしていただけるのはありがたいことです。
でもご安心ください。出張地によって色々と計画を練り、出張旅行を楽しみます。笑
実家やご親戚のお宅などお客様にとっても遠い場合は帰省の際にどんなものがあるのか写真で記録しておく事をお勧めします。出張前の見せていただければとても参考になります。
今年は富山県・静岡県・神奈川県への出張予定があります。お品物の内容、所在地に関わらず、お気軽にご相談ください。
※お問い合わせの内容により出張が出来ないこともございます。ご了承下さい。



切手買い取ります

2018.01.19 Category :


ORIGENでは、切手の買取も承っています。
写実的な動物の絵、
記念日やイベントの時のもの、
懐かしいアニメのものなど。
時代が随所に反映され、
デザインのバリエーションが豊かで、
毎回、見ていてとても楽しいです。
今回は手元に可愛らしい鳥が多かったので集めました。
出張買取でも拝見させていただく機会の多い切手。
今、最も多く出てくるのは切手収集ブームの70年代発行のもの。
収集ブーム時発行の切手は付加価値のついていないものが多いのが現状です。
しかし、額面から計算してもコレクションファイルで平均7~8万円前後の値が付くことが多いです。
さて気になる買取価格ですが、
額面の合計が…
25万円未満の場合は、額面の合計の70%、
50万円未満の場合は、額面の合計の72%、
50万円以上の場合は、額面の合計の75%で買取ます。
破れや消印のあるものは買取不可となりますが、シミ・汚れ・折れなどがあっても大丈夫です。
基本的に、通信用としての買取%ですが、
戦前発行などの古いもの・付加価値のつくものは別途、査定いたします。
また、国内外問わず承ります。
ご自宅などで見つけられた際は、ぜひORIGENをご利用ください。



it is the one

2018.01.13 Category :

写真のように24Kの後にGPやGFなどの記載がある製品は全てメッキ製品です。
金製品の買取依頼をいただき、拝見するとメッキ製品であることも時々あります。


こちらは本物↓本物の金製品であるにも関わらず処分してしまっては大変です。

本物には純度を示す1000や750といった数字と共にK24,K18,純金など必ず刻印があります。

最も一般的な18金はK18もしくは750と表記があります。

こちらはK14WG。14金なので18金より純度は低いですが、WG(ホワイトゴールド)はイエローゴールドより価値があります。

こちらも一般的なプラチナ。900,850などが一般的。白金ともいいます。古いものはPmと刻印があるものも。

地金としてであれば古いデザイン・石の取れてしまったアクセサリーでも査定が可能です。

人気の高い珊瑚。デザインにもよりますが製品として評価ができるものは地金以上の価値があります。写真のものはピンク色ですが血赤珊瑚(チアカサンゴ)は非常に高価なものです。

他にも色石製品も買取致します。
大切なものの売却は弁護士様、成年後見人様からの依頼もあるORIGENにお任せください。明朗会計をお約束いたします。



謹賀新年 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2018.01.02 Category :


あけましておめでとうございます。
昨年はお陰さまで沢山のご依頼をいただくことができました。お客様や業者様からのご紹介も多く、充実した一年を過ごすことができました。ありがたいかぎりです。ありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
写真は福岡の中洲にある博多町家寄進高灯篭です。明治期に遊園地を造るのに出資した福岡の豪商の屋号を刻んだ灯篭です。毎年お正月にこの灯篭に願掛けをしています。

当時の福岡経済を知る上でも重要なものです。4面にびっしり石板が嵌め込まれています。何度見ても飽きない。

広告塔の走り。立派です。

高祖父の骨董店も名を連ねており、毎年ご先祖様にご利益を求めて訪れますw
ちょっと薄くなりつつありますが逆文字で岩権 骨董舗と書いています。

後ろの看板、本当は明治ブルガリアヨーグルトです。すごいインパクトですが、灯篭の撮影にはすごく邪魔でORIGENに変更しましたw
とても見応えのある灯篭です。福岡に行かれる際には是非。おすすめです。